運輸安全報告書 - Yamatani Kanko Bus Co.,Ltd

リンク

運輸安全報告書

1.輸送の安全に関する基本的な方針

当社では、輸送の安全確保に関する基本方針を以下のように定め、全社員による安全を最優先とする体制の維持・向上に努めてまいります。

●基本方針●

①「輸送の安全確保」がバス事業最大の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力をすることが最大の責務である。
②輸送の安全に関する法令・規則を遵守し、それを従業員一人ひとりが確実に励行する。
③組織一体となって、安全確保に不断の努力を傾注し、お客様の信頼に応えると共に、地域社会の発展に貢献する。

2.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

平成28年1月から12月までの期間における事故件数は、次のとおりです。
事故総件数  0件
また、報告事故に至らない軽微な事故につきましては、前年0件に対しまして、本年 0件でした。

3.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

「別紙:緊急連絡表」参照

4.輸送の安全に関する重点施策

基本方針に基づいて、重点的に実施する施策は次のとおりです。

【年間事故防止施策】

①指差し確認の徹底(左・前よし・右よし発車)
②速度調整(高速道路基本90km/h)
③業務用無線の活用

【年間基本重大事故撲滅3項目の徹底】

①発車の操作

  1. 指差し確認呼称

②交差点の操作

  1. 黄色信号の進入は絶対厳禁とする。
  2. 右折時には、交差点中心で必ずアクセルペダルから足を離し、ブレーキペダルに足を置き、一旦停止した後、徐行して進行する。
  3. 左折時には、ハンドルを切る手前で必ずアクセルペダルから足を離し、ブレーキペダルに足を置き、一旦停車した後、徐行して進行する。

③横断歩道の操作

  1. 横断歩道の手前では、歩行者の有無を「歩道よし」と呼称する。
  2. 歩道に進入する前には、必ずアクセルペダルから足を離し、ブレーキペダルに足を置く。

ホーム

会社概要

アクセス

車種構成

資料請求

求人情報

リンク